お知らせ

☆短時間のメンテナンス・通常の収録・配信に関するお知らせはtwitterをご覧ください。

その時「清須」で歴史が動いた #414

20131114

今回は、先日公開の三谷幸喜監督の映画「清須会議」と清洲城がテーマ。
(※映画については公開されている情報以外のネタバレは特にないのでご安心ください)
清洲城は、名古屋市の隣、愛知県清須市にあった城。
信長や秀吉縁のこの清洲城、そしてこの地には、まさに歴史ロマンが詰まっています。
戦国時代末期、歴史に名を馳せた名将達が集っていたのだと想像するだけで胸が高鳴ります。

そして清洲城に関する有名な出来事が「清須同盟(信長と家康が同盟を結んだ)」「清須会議(信長の後継決め)」「清洲越し(名古屋城へ遷府となり廃城へ」。
その中の「清須会議」が今回公開の映画の題材になりました。
信長の後継選びで主導権を得ようと画策する柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、池田恒興の四人を中心に描く群像劇。
城の中が戦場(いくさば)になり、手に汗を握る激しい心理戦が繰り広げられます。
そしてそんな剣呑な場面すらも笑いなくして観られません。
豪華女優陣も決して目の保養などではなく、ひたすら攻めの存在。
一服の清涼剤となる癒やしは、ひょっとしたら「ちょこっとだけ」登場の、あの更科六兵衛さんなのかもしれません。
織田家の命運を決めるこの会議が、日本のその後の未来をも決めることになるのを知っているからか、笑いが絶えないながらも始終どこか儚さ、せつなさが漂っているように感じます。

ぜひ、映画を観た後は(個人的に、映画がより楽しめるので前がおすすめですが)清洲城を訪れてみてください。
当時の面影はほぼないですが、それでもロマンはしっかりと感じられるはずです。
そして、清洲城や清須会議や当時の歴史などを存分に知ることが出来ますよ。

11月14日23:56の配信開始から15日8:45までの間、当回の音声ファイルを誤って古いものを公開しておりました。申し訳ありません。
既にDLされた方は、お手数ですが再度DLをお願い致します。(みっちー)

●清洲城 http://www5.ocn.ne.jp/~kiyosu_k/
20131114_kiyosu1
みっちーの清洲城おすすめポイント
・松平アナの解説がたまらない☆歴史解説映像!
・模擬天守だけどしっかりとした作りで居心地が良く、展示もインタラクティブで質がいい!
 人形を使った石落としの再現の展示説明の出来が今まで見た中で一番。
・1Fに飾ってある原哲夫の信長の肖像画がかっこいい!
・天守からの眺め良し☆
・武将グッズが充実。
・清洲城の武将隊は、女子チーム!!!!!

天守閣からも見える☆近くにキリンのビール工場(以前「大人の社会科見学@今年もビール工場」で特集)があるので、セットで行くのもおすすめです。(工場見学は要予約)
キリンビアパーク名古屋

●「清須会議」上映中! 公式サイト

●「清須会議」作:三谷幸喜
映画の原作。映画でも登場した、清須会議に絡む面々の各場面での独白を、現代語訳したもの。
映画ではごく一部しか語られなかったその時の胸中が書かれているので、映画を観た後だと倍楽しめる一冊☆おすすめです

■ED SONG:田中美樹「夢色カラー」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タケ より:

    ミッチーさんくむさん、こんばんは、タケです。
    清須城みたいに立派ではありませんが、中津川にも苗木城というのがありました。
    城というより木製のジャングルジムみたいですが、どうもパワースポットらしく、最近は女性の観光客が増えてるそうです。
    中津川は、栗きんとんだけじゃありませんでした。(^^)

  2. gatyan より:

    こんにちは、清須会議って三谷さんの映画だったですか〜。
    それで、本屋さんとか映画館が力を入れてるんですね。
    じゃあしばらくまって、huluに入ってることを祈りましょう。
    今忙しくって、映画館に行く暇も、バンダイチャンネルで、アニメを見る暇もないんです。
    トビトビにhuluで日本映画を見ていたり、アニソンを電車の中で聞くぐらいなんです。

    清洲城は、名古屋からすぐなんですね。今度、京都に行く時寄ってみようと思います。
    新幹線の下りホームのきしめんを食べたいので、途中下車するつもりなんで、この間も大丸に行って、原画展見ただけで、櫃まぶしも、鍋焼きもエビフライもモーニングも食べてません。
    名古屋って、言うだけこれだけ名物が出てくるんで、おお、寄ってしまおうと思います。

    新しいminiの話も楽しみしてます。
    では。

  3. すゐす より:

    信長と言えば織田信長の子孫と言われる織田信成君があの絵にソックリだったのを思い出します。

    あと彦根城には年間フリーパスがあるのでよく行って居ます。
    まぁ目的は城じゃなくってひこにゃんなんですが。

    新iPad miniのレポート楽しみにしています。

  4. ゲオ より:

    みっちーさん、くむさん、こんばんはー!
    幕末ものや、時代劇の脚本を、
    多く手がけており、
    歴史マニアと、ご自分でもいってらっしゃるだけあり。
    三谷監督の初の時代劇映画「清須会議」、面白かったですね。
    個人的には、監督にしては、ちょっと、笑い少なめに描いているな。
    と感じましたが、さすが、三谷作品、見応えがありました。
    この清須会議以降の会議出席者のその後も、
    大変、劇的なものなので、
    ぜひ、何らかの形で、三谷監督に映像化して欲しいですね。
    そういえば、個人的に期待している、
    来年の大河ドラマの主人公は、
    今回、寺島進さんが演じていた「黒田官兵衛」ですね。
    天下人、秀吉すら、恐れていたという、天才軍師の視点で、
    この清須会議はどう描かれるのでしょうか?
    楽しみですね。
    三谷監督といえば、
    年末に、ドラマ「大空港2013」が、放送されますね。
    地元、長野県の松本空港を借りきり、
    全編、ワンシーン・ワンカットで撮影されたという
    話題のドラマ。
    こちらも、放送が楽しみですね。
    忘れていましたが、
    今回の映画の撮影に、地元、長野県の松代城も使われているそうですね。
    松代城といえば、旧名は海津城。
    上杉謙信と武田信玄が激戦を繰り広げた、
    川中島の戦いの前線基地だった城ですね。
    自分の家からは、そう、遠くないのですが、
    未だに、行った事がないので、
    暖かくなった頃に、行ってみたいですね。

  5. 不春 より:

    みっちーさん・くむさんこんばんわ

    清州会議、見に行きました。おもしろかった!

    清州会議という史実は知っていましたが、歴史ドラマなどでは軽く過ぎ去っていく事が多くかったので、今回、映画館で見て、脚色されている部分はあっても、会議というか評定の場での駆け引きが、コミカルで面白かったです。

    自分が引かれたのは、でんでんさんが演じる前田玄以。毎朝行われる朝礼での確認事項、評定の調整等ちょいちょい出てきて、いい味出してました。最高です。

    あとは、浅野さんの前田利家。一本気なところや、親父様と秀吉との間で揺れる心、秀吉との友情がかっこよかった。足は遅いけどw

    駆け引きといえば女性陣の駆け引きも見どころでしたね。

    最後の最後で、剛力さんにぞっとしました。

    女はこわいw

    いつか、清州城に行って、門の前で朝礼をしたいと思いましたw

    原作も映画を観終わった後に買ったので、今度は原作読んでからもう一度見に行こうと思いますw